中華料理のオードブルとは

MENU

中華料理のオードブルとは

中華料理でも前菜メニューが豊富に見つかります。
日本人の私たちにとってとても身近な中華料理ですが、
コースで頂くこともありそこでは高い確率で前菜メニューが提供されます。

 

中華の定番オードブルメニューの一つが、
きゅうりときくらげの和え物であり、自宅でも作れるメニューとして人気があります。

 

きゅうりを細切りにして、きくらげと生姜スライスを加えて混ぜ合わせるだけです。
味付けはごま油と醤油、レモン汁になるので後味もとてもさっぱりとしています。

 

レタスの肉つつみも中華料理店でよく見かけるメニューであり、前菜としてもよく食べられています。

 

具材の作り方はひき肉、たけのこ、しいたけ、長ネギを
みじん切りにしてごま油でよく炒めて味付けをしたものを、
生のレタスでくるんで頂くというメニューです。
具材の味付けは肉まんの中身とほぼ同じです。

 

冷やしトマトも中華料理の前菜としてよく出されるメニューです。
中華料理の前菜の場合は、一品だけでなく数品まとめて出されることも多く、
冷やしトマトはその中にかなり高い確率で入っています。

 

しかも冷やしトマトは冷蔵庫で良く冷やしたトマトをスライスして出すだけなので、
調理の手間もほとんどかかりません。

 

チャーシューも前菜メニューの定番です。
チャーシューは豚肉のブロックを購入してきて、
醤油や砂糖、生姜などを入れた汁で煮込んで作られます。
そのまま食べても美味しいですし、ラーメンなどのトッピングとしても使えるレシピです。

 

中華料理店に行くと、チャーシューときくらげ、トマトの三点が盛合せとして出されることが多いです。